感染性腸炎について。

 急激に暑くなってきましたが、皆様体調を崩されたりしていませんか?💦
最近、下痢や吐き気などの胃腸炎症状のご相談が増えています。
 実はこの時期、感染性腸炎に注意が必要です。下痢、吐き気などの症状で病院を受診され、「胃腸風邪ですね」とか「(急性)胃腸炎ですね」等と診断された経験がある方も多いと思います。このような場合、感染性腸炎が疑われていることになります。


 感染性腸炎には、主にウィルス感染により、小腸に炎症を伴う小腸型、細菌感染により大腸に炎症を伴う大腸型が存在します。
 ウィルス感染による小腸型の場合、多くは吐き気止め、整腸剤等を服薬する対症療法にて3日ほどで症状が改善することが多いですが、ノロウィルス等による症状が強いタイプの感染症で脱水が目立つ場合は、点滴治療が必要になります。
 細菌感染による大腸型も自然に症状が治まる方もみえますが、サルモネラ、カンピロバクターによる腸炎の場合、発熱、下痢症状が強いことがあり、抗菌薬の投与が必要になる場合もあります。特に、これから夏にかけての気温が高くなる時期、卵、鶏肉等の不十分な加熱により感染する危険性が増えるため、注意が必要です。
 当院では、吐き気、下痢症状に対しても、腹部の超音波検査を活用し、炎症を起こしている部位(感染部位)を特定し、小腸型、大腸型のいずれかを判断します。その上で症状の強い大腸型の患者さんに対してのみ、抗菌薬を投与する方針としています。この様に超音波検査を活用する事で、不必要な抗菌薬投与を避け、尚且つ症状の強い患者さんができるだけ早く回復できるような治療を提供できるのではと考えています。
 辛い吐き気、下痢などの胃腸炎症状でお困りの際は、早めにご相談ください。( ͡° ͜ʖ ͡°)

日本超音波医学会に参加してきました。

 こんにちは。新年のご挨拶以降、ブログの更新が出来ていませんでした。

 新しい情報や、話題を中心に更新していきたいなと考えていますが、なかなか筆が乗らず・・。新型コロナウィルスの蔓延以降、様々な学会、講習会等になかなか参加出来ず、私自身の知識が更新できなかったので、ネタが思い付かずでした( ̄▽ ̄;)

言い訳はこれくらいにして本題です。以前は毎年参加していた日本超音波医学会が、今回名古屋市での開催とのことで昨日2年ぶりに参加してきました。久しぶりの参加でしたので、どれも新鮮な内容でしたが、得にPOCUS(Point of Care Ultrasound) 関連の講習会、演題が充実しておりほぼ一日その内容を聞いていました。

 POCUS(ポーカス)とは、簡単に言えば患者さんの症状などに合わせて、必要な部位に聴診器のようにエコーを当てて診断や治療に役立てていくというコンセプトのことです。例えばお腹が痛い患者さんがいて、症状を聞いて(問診)、お腹の音を聞いて(聴診)、お腹を触って(触診)診断するよりも、さらに痛い部位中心に超音波で何があるかを観れば当然得られる情報も多くなり、より正確な診断につながるはずです。3-4年ほど前から、このようなコンセプト名が出てくるようになり私も積極的に日頃の診療に取り入れていましたが、改めてその利点、課題、さらに他の先生方の「そんなやり方もあるんだ」といった方法を学んで非常に刺激を受けました。今日からの診療にも使えそうな方法も多く、早速取り入れながら、これからもより精度の高い診断を目指して頑張ります。

 最近はオンラインでの学会や研修会に慣れてしまい、それはそれで楽なのですが、今回は久々に会場で生の講演を体感でき、とても楽しかったです。来年も参加できるといいなぁ( ◠‿◠ )

エクロックゲル長期処方解禁されました

原発性腋窩多汗症(脇汗)の治療薬として処方させていただいておりますエクロックゲルについてです。

新規薬剤であったためこれまで1回の診察につき14日分(1本)しか処方ができませんでしたが、12月より市販後1年が経過し、1回の診察につき複数本の処方が可能となりました。より継続して使用していただきやすくなったと思います。
 脇汗でお困りの方は一度ご相談ください!

原発性腋窩多汗症についてはこちらの当院ページでも紹介していますので御参照下さい。https://otsuji-naika.com/wakiase.html

インフォームドチョイス

 急激に寒い日が増え、体調を崩しやすい季節になりました。皆様お変わりないでしょうか?
 先日、ある病気の情報を見ていたところ「インフォームドチョイス」という言葉を目にしました。「インフォームドコンセントは聞いたことあるけど?」という方も多いのではないでしょうか。恥ずかしながら、私も初めて聞きましたが、調べてみると非常に共感が持てる考え方でしたのでインフォームドコンセントとの違いも含めて紹介します。(^。^)

インフォームドコンセント

 今では、耳にしたことがある方も多いと思いますが、日本では「説明と同意」という言葉で表現されています。病状、検査、治療の内容を医師や、看護師から十分な説明を受け十分納得した上で医療行為に対し同意をすることです。丁度私が高校生の頃に耳にするようになり、大学入学試験の前に「面接で話題になる可能性が高いから覚えるように」と先生に言われた記憶があります。自分が受ける医療行為について説明を受けるのは当然の権利ですし、納得した上で医療行為を受ける事で不安感が減り、治療に対する意欲が向上、結果として治療効果が高くなると言われています。

インフォームドチョイス

 最近では、病状に対して治療方法に複数の選択肢があることも珍しくありません。インフォームドチョイスとは、病状に対する複数の選択肢それぞれについて、メリット、デメリットの説明を受けた上で治療方法を選択することです。例えば、「あなたの今の状態はAという病気だと思います。治療方法は薬で治療する方法、手術をする方法があり、薬だと通院での治療になり3ヶ月ほどの治療期間がかかります。手術ですと2泊3日の入院が必要ですが、退院後よりすぐに仕事に復帰できます。ただ、どうしても治療しないといけない病気ではないため、痛みなどがなければこのまましばらく治療せず様子見るのも一つの選択肢ではないでしょうか?」と説明を聞き、よく考えた上で、手術する方法を選ぶといった形です。医療者側からの一方的な押しつけではなく、患者さん一人ひとりが、複数の治療選択肢に対し、効果、副作用、危険性、治療期間、医療費などの違いについて理解した上で、より御自身の希望に近い方法を選択することができるのが、この方法の良い面だと思います。

 重要なことは、インフォームドコンセントもインフォームドチョイスも主役は患者さんであることです。時々若い医師が「いまから、BさんのIC(インフォームドコンセント)してきます」と言っているのを見かけますが、大きな間違いで、この場合、インフォームドコンセントをするのは医師ではなく、Bさんなのです。

 すべての選択肢を提示することはなかなか難しいですし、逆に選択肢が多すぎると決められないという問題があります。それでも可能な限り様々な選択肢をお示しすることは、患者さんが主役の医療を提供するためには大切なことだなぁと感じました。

これからも様々な選択肢を提供できるよう、私も常に新しい知識を更新していきたいと思っています。皆様も、何かご不明な点はお気軽にご質問くださいね!( ◠‿◠ )